2017年11月10日

【ARG的ブックガイド】シャーロック・ホームズ 10の怪事件


二見書房 1985年日本版初版
ゲイリー・グレイディ、スーザン・ゴールドバーグ、レイモンド・エドワーズ 著
各務三郎 訳


日本では1980年代半ばにゲームブックのブームが巻き起こり、さまざまなゲームブックが翻訳・執筆されました。今回紹介する『シャーロック・ホームズ 10の怪事件』この本もそういったゲームブックの1つです。

ただ、この本をあえてARG情報局で取り上げるのは、ゲームシステムがARG的なトランスメディアゲームとしての特長を持っているからです。
その秘密は、捜査に使う4つの付録にあります。

  • ロンドン市街地図
    いくつかのブロックと番地に分けられており、それが書籍内のパラグラフの役割も果たしています


  • ロンドン住所録
    たくさんの名前が住所と共に記されています。ロンドン地図と照らし合わせることで、特定の人物がどこにいるかが分かります。また、職業別の欄もあり、例えばある個人が自宅とは別に職場がある場合にも調べることができます。


  • タイムズ
    10の事件の発生日に合わせて10日分が収録されています。
    一般的なニュースから、誕生、訃報、尋ね人といった3行広告までさまざまな記事が載っています。


  • 捜査の情報源・一覧
    片面は小説にもたびたび登場する「ベイカー街遊撃隊」のメンバー証になっており、もう片面は重要な手がかりを常に手に入れられる捜査地点の一覧が裏に書かれています。



プレイヤーはこれらの情報を組み合わせながら事件の解決を目指します。
事件のプロローグを読んだら、事件の内容を考え、どこに行くかを考えます。
このゲームブックはパラグラフがすべて住所になっています。
そして、プロローグに出てきた情報を場所に結びつけて、有益な情報を与えてくれそうな場所に向かう(=その住所のパラグラフを読む)のです。



たとえば、話の中に出てきた名前や会社の住所は「ロンドン住所録」で住所を特定できます。
話の中に「~通り沿いの工場」のような表現があれば、「ロンドン市街地図」でそこに該当する場所を探します。また、地図上の距離が事件解決のヒントになるかもしれません。
「タイムズ」を読めば、事件に関係していそうな記事が載っているかもしれません。(事件によっては「タイムズ」の記事からスタートする場合もあります)
司法解剖の情報や、スコットランドヤードが集めている情報を知りたければ「捜査の情報源・一覧」に載っている重要な場所に行けばいいでしょう。
まさにシャーロック・ホームズの世界でホームズが行っていることをプレイヤーも体験できるのです。

プレイヤーは自分が推理して好きな順でさまざまなメディアを調査し、そこから浮かび上がったさまざまな場所を好きな順番で回ることができます。
そこが単なる分岐型ゲームブックと『シャーロック・ホームズ10の怪事件』の違う点です。
事件の解決への道筋と使うメディアはプレイヤーによって千差万別。
この体験が、現実にあるさまざまなメディアを使って証拠を探す代替現実感と、プレイヤーごとの体験感を生み出しているわけです。

ゲームの基本的なスコアは、捜査地点数と最後に提示された「質問事項」の正解度で決まります。
解答編ではホームズが解決に要した捜査地点の回数が提示され、あなたがホームズを上回れたかどうかが表示されます。
でも、私なんかはホームズと競ったりしないで、無駄な寄り道とか、どうでもよさそうな情報とかも追っかけて、19世紀のロンドンを楽しんでいます(笑)

この本は出版が1985年のため、現在新刊で手に入れることはできませんが、当時かなり売れたこともあってか古書では比較的簡単に手に入ります。
あなたも、シャーロック・ホームズのいるロンドンを冒険しませんか?

(文章:石川淳一)

2017年11月2日

【告知】『​ナゾガク2017秋』のステージイベントで『ARGってなんだ?』

11/4~11/5に開催される『​ナゾガク2017秋』のステージイベントで『ARG情報局』のライターの『えぴくす』さんが、ARGとは何かを語ります。

『いまさら聞けない!ARGってなんだ?』 
4日 15時~ 
ARGって知ってます? 代替現実ゲームのことなんですけど、謎解き界隈にいるとたまに聞くじゃないですか。ぶっちゃけARGってよくわかんなくないです? でもみんな知ってそうだし、ググってみてもよくわかんないし…と言うみんなのために、ARGについて過去事例を交えてわかりやすく説明します!ただの謎解きに飽きつつあるあなた、必見ですよ。​ARGはあなたの参加を待っています!
​​登壇者:えぴくす (ARG情報局ライター)
※『ナゾガク2017秋』公式サイトより引用


どちらかというとARG入門的な話になりそうですが、興味のある方はぜひ『ナゾガク2017秋』に足を運んでいただければと思います。なお、ステージイベントは参加無料ですが、ナゾガクの入場料が別途必要です。

関連リンク

  • 『ナゾガク2017秋』公式サイト
    https://nazogaku.wixsite.com/nazogaku2017autumn

2017年9月18日

【ミニニュース】「マジック:ザ・ギャザリング」のプロモにジオキャッシングが/他

■「マジック:ザ・ギャザリング」のプロモーションにジオキャッシングが


「マジック:ザ・ギャザリング」といえば、トレーディングカードゲームの元祖ですが、その新作「イクサラン」を記念して、世界中で「ジオキャッシング」を使用したトレジャーハントプロモーションが行われています。

ジオキャッシングについては、ARG情報局でもかなり前に紹介しましたが、簡単にいうと世界中で行われているGPSを使った宝探しゲームです。
今回のプロモーションの大きな特長は日本が含まれている点です。ジオキャッシングを使った国内コラボプロモーションは、おそらく初めてではないでしょうか。

詳細は「マジック:ザ・ギャザリング」公式サイトを見ていただくとして、これを機会にジオキャッシングを始めてみるのもいいかもしれません。

関連リンク


■公衆電話から始まる物語「ポイントホープ」



映画監督・遠山昇司氏が手がけるアートプロジェクト「ポイントホープ」。
公衆電話を使う参加型の物語体験はARGに繋がる部分を感じさせてくれます。
以下はプレスリリースの内容です。

第1 章 とある番号、ファーストコンタクト。
公式ウェブサイト、ネームカード、チラシ、ポスターに掲載されている謎の番号。それはこの物語を聞く、第1の電話番号です。鑑賞者は日本中の公衆電話からこの番号に電話をかけ、物語のはじまりを聞きくことができます。
留守番電話サービスの信号音の後に、鑑賞者自らもあるメッセージを残します。 
第2章 地図とテレホンカード、旅の始まり。
さらなる物語の中へ入るために、鑑賞者はウェブサイトから参加を申し込みます。参加者には地図と「ポイントホープ」オジリナルテレホンカードが送られてきます。
参加者は地図に記された電話ボックスを目指し、旅に出ます。それは、自宅の近くかもしれませんが、遠いところかもしれません。電話ボックスにたどり着いた参加者は、次に現れる第2の電話番号にテレホンカードで電話をかけ、物語の続きを聞きます。
こうして、3箇所の電話ボックスをめぐり、第3、第4の電話番号に電話をかけ、物語を聞き、留守番電話サービスの信号音の後に、鑑賞者自ら、またあるメッセージを残します。
冒険心の旺盛な鑑賞者は、さらに物語の鍵となる第5の電話ボックスを探し、物語が一度綴じられます。 
第3 章 願いから希望へ、結ばれる物語。
鑑賞者が残したメッセージはすべて集められ、編纂されtwitter で毎週1 回公開されます。こうしてtwitter 上に浮遊するたくさんのメッセージは、あるひとつの方向を指し示し、鑑賞者はふたりの女性とともに「願い」というものが何か
別のものでもあることを感じることになります。

現時点では、公式サイトに公開されている電話番号に公衆電話からかけても、プロモーションの音声が流れるだけですが、開始予定日の9/30にどんな物語が始まるのでしょうか?

関連リンク
  • 舞台は全国の公衆電話。遠山昇司が展開する異色のアートプロジェクト「ポイントホープ」とは?(美術手帖)
    https://bijutsutecho.com/news/7091/
  • アートプロジェクト「ポイントホープ」公式サイト
    (現在ティザーサイト公開中、9月30日より本サイト公開予定)
    https://point-hope.jp/
(文章:石川淳一)

2017年2月23日

【ミニニュース】人工知能学会の学会誌でARGを展開 他

■人工知能学会の学会誌でARGを展開

人工知能学会の学会誌「人工知能」が2017年は1年間を通じて誌内でミニARGを行うとのこと。
さっそく最新号のVol.32 No.1 (2017年01月号)では、表紙になにやら仕掛けがあるようです…



学会誌なので普通の書店では扱っていないようですが、Amazonなら通販することができます。
また、少し遅れてKindle版が配信されますが、そちらでもARGをプレイするのに問題ないとのことです。

関連リンク

■ユリイカ2017年2月号でARGの紹介記事

ユリイカ2017年2月号は特集「ソーシャルゲームの現在ー『Pokemon Go』のその先」というテーマで、『Pokemon Go』のブームをきっかけに、さまざまな視点でソーシャルゲームを見つめ直す内容となっています。



その1つとして竹内ゆうすけ氏が「非デジタルな「ソーシャルゲーム」」というタイトルで、ARGについて紹介しています。内容については、ARGを知らない人向けな部分が大きいですが、本稿だけでなく、この特集におけるさまざまなソーシャルゲームに対する考察は、架空と現実の境目が曖昧なARGにとって参考になる部分が多く、今後どのようなARGが生まれてくるか(もしくは作り出すことができるか)を考える上で刺激的な内容だと思いますので、特集全体としてお勧めしたいです。


関連リンク
(文章:石川淳一)

2016年12月8日

【ミニニュース】『謎解きLIVE』新作、Ingressで日本限定の謎イベントなど

■『謎解きLIVE』次回はクリスマスイブ

恒例となったNHK BSプレミアムの『謎解きLIVE』ですが、次回は2016年12月24日に『CATSと聖夜の殺人者』が放映されるとのことです。
これまでのシリーズは二夜連続でしたが、今回は一夜のみ1時間に変更されています。
また、それに先駆けて前作の『[四角館の密室]殺人事件』が12/19、12/20に再放送されるとのこと。

【関連リンク】


■Ingressで日本限定の謎イベント

2016年12月10日にIngressを使った日本限定謎イベントが行われるようです。
Investigateのページに謎の写真が掲載され、12/10正午から日本で開催されるイベントであろうと書かれています。

Ingressの情報サイト『charingress.tokyo』では、以前ケータイWatchのインタビューで予告されていた12/10のイベントではないかと考察しています。
写真に載っている場所が全国各地に散らばっていることから考えるに、特定の一地域でのイベントというよりは、日本全国でプレイヤー同士が協力してのプレイが予想されます。さて、どんなイベントになるのでしょうか。

【関連リンク】


■「なぞともカフェ福岡天神」オープニングセレモニーの謎解きが開催中

「なぞともカフェ福岡天神」の開店を記念して2016年12月17,18日のオープニングセレモニーに参加できる謎解きが開催中です。
今までの流れでは福岡で完結するのではなく、各地の「なぞともカフェ」に誰かが行かないと解けないようで、これもIngressのイベントと同じく全国の仲間で協力して展開する必要がありそうです。
Twitter上で情報交換がおこなれてているので、最新の状況はハッシュタグ「#なぞとも天神をさがせ」で確認するといいかと思います。

【関連リンク】

(文章:石川淳一)

2016年6月18日

ARG読書会~『のめりこませる技術 ─誰が物語を操るのか』を読む 第1夜~ 7/3夜開催

7/3(日) 19:00よりARGの知識を深める課題図書を定期的に輪読する読書会を開催します。

取り上げる書籍は『のめりこませる技術 ─誰が物語を操るのか』(フランク・ローズ著, 島内哲朗訳)です。


デジタル技術の普及という大変革によってアメリカのエンタテインメント業界や広告業界はどのように変化していったのかをまとめた書籍であり、ARG制作にとって重要な手法や事例についても触れられている名著です。

※参加にあたり、課題書籍は各自でご持参ください。
「のめりこませる技術-誰が物語を操るのか」Amazon販売ページ

読書会終了後、会場にケータリングを持ち込んで懇親会を行います(代金は参加費に含まれます)。


◆開催概要
主 催:NPO法人IGDA日本 SIG-ARG
日 時:2016年7月3日(日) 19:00-21:00(開場18:50)
会 場:エフピー・ワン・コンサルティング セミナールーム
(東京都千代田区飯田橋3-4-3坂田ビル8階)
参加費:2500円


参加を希望される方は、下記よりチケット購入をお願いします。
【チケット購入ページ】


これから1~2ヶ月おきに定期開催して課題図書を1~2章ずつ輪読する予定ですので、当面は『のめりこませる技術』を読み進めることになります。ただし参加者は必ずしもすべての回に出席する義務はありません。
SIG-ARGとしては久々のオフライン勉強会となります。ARG制作に携わっている方、これからARG的な手法を学び役立てたいと考えている方のご参加をお待ちしています。


関連リンク

2016年6月15日

【ARGとの交差点】VR ZONE体験録

はじめに

ARGの魅力の1つは物語の世界に入り込んだような体験ができることですが、最近話題のVRゲームも手法こそ違いますが同じように物語世界に入り込んだような体験ができるエンターテイメント。
気になる!ということで、バンダイナムコエンターテイメントが運営するVRエンターテイメント施設『VR ZONE Project i Can』のアトラクションを体験してきましたのでレポートいたします。


予約必須!?

まだこの施設、期間限定OPENということで、予約制になっています。
毎日、午前0時に1か月(30日)先の1日分の予約が解禁される仕組みになっていますので、体験したいという方はまず公式サイトで予約しないといけません。
体験は予約した時間で、およそ80分遊ぶことができます。
1アトラクション6分~14分で、6/9現在6つのアトラクションがありますので、頑張れば時間内に全部体験できるかもしれません。

場所と時間


場所は、ガンダムの立像で有名なお台場のダイバーシティの3F。
ゆりかもめなら「台場駅」から徒歩5分、りんかい線なら「東京テレポート駅」から徒歩3分です。

体験できる内容と料金

料金の支払いは、バナパスポートというSuicaのようなカードで支払います。
まず、入り口でこのバナパスポート(300円)を購入し、アトラクション料金用のお金をチャージします。
後から返金できませんので、とりあえず絶対体験するというものの料金だけチャージし、残り時間の様子を見て後で追加チャージするのがよいと思います。

体験できるアトラクションと料金は以下の通りです。
①スキーロデオ 700円
②リアルドライブ 700円
③高所恐怖SHOW 1,000円
④脱出病棟Ω 800円
⑤トレインマイスター 700円
⑥アーガイルシフト 700円
それぞれどんなアトラクションかは以下の公式サイトをご覧ください。
https://project-ican.com/#lineup

今回はこの中から2つのアトラクションをご紹介します。

脱出病棟Ω

本当に襲われるVRお化け屋敷!ということで体験してきました。
2~4人で一緒に体験するお化け屋敷です。

※以下、ネタバレも含みますのでお気を付けください。



このVRお化け屋敷は椅子に座って、ヘッドマウントディスプレイを装着して体験するのですが、
その没入感を上げるため、全員車椅子に乗っているという設定です。
なるほど!その手があったか!と思いました。

ARGのように現実世界がゲームフィールドになるわけではなく、コンシューマーゲームのように自分がゲームの世界に入るわけなので、どうしても作り物のゲームの世界に入りますよ、という心構えができてしまうものですが、こういった没入感を上げる演出が随所に施され、さらに鮮明な視界、環境音が伴うと、自分でこれはゲームなのだと分かってても、もう廃病棟にぽつんと取り残された現実しか感じられなくなってしまいます。

椅子には電動車椅子みたいなレバーがついていて、これを使って前進・後退を操るのですが、
ゆっくりしか動かず、「こんなにゆっくりじゃオバケから逃げられないじゃん!?」と、最初からドキドキです。
入り口に「暴力シーンやグロテスクな表現が含まれます。ご注意ください。」と書かれているだけあって、廃病棟の中は血らしき跡がそこら中にあってめちゃくちゃ怖いです。
さらに殺人鬼らしき謎の人物が凶器を片手に襲ってくるので、「もう勘弁してくださいっ!!」となることうけあい。

このゲームの最後に私がどんな結末を迎えたかはここでは書きませんが、これは怖いものキライな人ならトラウマになること間違いなし!
本当に面白かったです!

アーガイルシフト

美少女と一緒に巨大ロボを操縦して戦える!という、男の子の夢が詰まっていると話題のゲーム。
こちらは1人ずつ体験できるタイプのゲームでした。

※以下、ネタバレも含みますのでお気を付けください。



コックピット風のシートに座って、ヘッドマウントディスプレイを装着。
サイバーな空間に放り出され、パイロット認証が行われます。
サイバーパンクでのサイバースペースにジャックインするような感じでしょうか。

認証が終わると、回りの風景が開けて、自分はコックピットに座っています。
コックピットの壁面はシースルーで、おそらくロボットのカメラで外が見えるタイプのもの。
周りには巨大なロボットが並んでおり、ここがロボットの格納庫だということがわかります。
視線を動かすと、ターゲットアイコンも動くのですが、周りのロボットなどにあわせるとそのロボットのパイロットが映し出されます。

そして、美少女戦闘サポートAI「アイネ」が現われます。
この娘、なにげに露出度が高い上に、すっごい近寄って来るのですが、VRゆえの環境音や立体感、そしてこっちを見てくる視線等から、存在感が半端なく、ゲームだと分かっていてもドギマギしてしまいます。スゴイ!

で、どうやらこの格納庫は巨大な飛行輸送船だったらしく、格納庫の床のハッチが開き、次々と機体が射出されていきます。
自分もガタンという衝撃とともに降下開始!
スゲー!オレ今巨大ロボを操縦している!という感覚が味わえます。
空中での敵機との戦闘も楽しい!最高です!
子供の頃から夢見ていた巨大ロボに乗るという体験ができるというのは、すごいことだと思います!

その他気づいた点など

やはりVRの面白いところは360度見れるところだと思いました。
こればっかりは大きなテレビでも勝てないところで、巨大なキャラクターを見上げたりするなんてことは、テレビゲームではできない体験だと思います。

あと周りの環境やキャラクターの存在感は、うまく演出すれば簡単に脳が騙されてしまいますね。
扇風機で風を顔に当てたり、椅子が揺れたり、視覚・聴覚以外の演出をされるとリアル感が違うなと感じました。将来、プレイステーション対応VR扇風機なんてものが発売される日がくるかもしれませんね。


体験型エンターテイメントへの影響


VRでできること、できないこと、ARGなどの体験型エンターテイメントとの比較研究はこれからどんどんされていくと思います。VRなら、ARGと違ってどんな環境の中にもプレイヤーを放り込むことは可能ですし、デジタルキャラクターが最高のビジュアルで最高の演技を世界中のプレイヤーに対して演じてくれるのでしょうけど、触ることのできないそのVR世界の演出に対してやっぱりどこかで慣れやマンネリは出てくるような気はします。これはどんなジャンルについても言えることだとは思います。

ただ、ARGとVRの組み合わせというようなハイブリッドなことをやられると、もうプレイヤーは完全に現実を見失う体験ができてしまうのではないかなと思いました。花沢健吾のルサンチマンの世界ですよね。
家庭用VRで、毎夜架空の電脳都市にダイブインして、世界の秘密の鍵を握る謎を追う…というような生活を送りたいです。

これからどんなVRゲームが登場するのか、本当に楽しみです。

(文章:H.M.)


関連リンク