2017年9月18日

【ミニニュース】「マジック:ザ・ギャザリング」のプロモにジオキャッシングが/他

■「マジック:ザ・ギャザリング」のプロモーションにジオキャッシングが


「マジック:ザ・ギャザリング」といえば、トレーディングカードゲームの元祖ですが、その新作「イクサラン」を記念して、世界中で「ジオキャッシング」を使用したトレジャーハントプロモーションが行われています。

ジオキャッシングについては、ARG情報局でもかなり前に紹介しましたが、簡単にいうと世界中で行われているGPSを使った宝探しゲームです。
今回のプロモーションの大きな特長は日本が含まれている点です。ジオキャッシングを使った国内コラボプロモーションは、おそらく初めてではないでしょうか。

詳細は「マジック:ザ・ギャザリング」公式サイトを見ていただくとして、これを機会にジオキャッシングを始めてみるのもいいかもしれません。

関連リンク


■公衆電話から始まる物語「ポイントホープ」



映画監督・遠山昇司氏が手がけるアートプロジェクト「ポイントホープ」。
公衆電話を使う参加型の物語体験はARGに繋がる部分を感じさせてくれます。
以下はプレスリリースの内容です。

第1 章 とある番号、ファーストコンタクト。
公式ウェブサイト、ネームカード、チラシ、ポスターに掲載されている謎の番号。それはこの物語を聞く、第1の電話番号です。鑑賞者は日本中の公衆電話からこの番号に電話をかけ、物語のはじまりを聞きくことができます。
留守番電話サービスの信号音の後に、鑑賞者自らもあるメッセージを残します。 
第2章 地図とテレホンカード、旅の始まり。
さらなる物語の中へ入るために、鑑賞者はウェブサイトから参加を申し込みます。参加者には地図と「ポイントホープ」オジリナルテレホンカードが送られてきます。
参加者は地図に記された電話ボックスを目指し、旅に出ます。それは、自宅の近くかもしれませんが、遠いところかもしれません。電話ボックスにたどり着いた参加者は、次に現れる第2の電話番号にテレホンカードで電話をかけ、物語の続きを聞きます。
こうして、3箇所の電話ボックスをめぐり、第3、第4の電話番号に電話をかけ、物語を聞き、留守番電話サービスの信号音の後に、鑑賞者自ら、またあるメッセージを残します。
冒険心の旺盛な鑑賞者は、さらに物語の鍵となる第5の電話ボックスを探し、物語が一度綴じられます。 
第3 章 願いから希望へ、結ばれる物語。
鑑賞者が残したメッセージはすべて集められ、編纂されtwitter で毎週1 回公開されます。こうしてtwitter 上に浮遊するたくさんのメッセージは、あるひとつの方向を指し示し、鑑賞者はふたりの女性とともに「願い」というものが何か
別のものでもあることを感じることになります。

現時点では、公式サイトに公開されている電話番号に公衆電話からかけても、プロモーションの音声が流れるだけですが、開始予定日の9/30にどんな物語が始まるのでしょうか?

関連リンク
  • 舞台は全国の公衆電話。遠山昇司が展開する異色のアートプロジェクト「ポイントホープ」とは?(美術手帖)
    https://bijutsutecho.com/news/7091/
  • アートプロジェクト「ポイントホープ」公式サイト
    (現在ティザーサイト公開中、9月30日より本サイト公開予定)
    https://point-hope.jp/
(文章:石川淳一)

2017年2月23日

【ミニニュース】人工知能学会の学会誌でARGを展開 他

■人工知能学会の学会誌でARGを展開

人工知能学会の学会誌「人工知能」が2017年は1年間を通じて誌内でミニARGを行うとのこと。
さっそく最新号のVol.32 No.1 (2017年01月号)では、表紙になにやら仕掛けがあるようです…



学会誌なので普通の書店では扱っていないようですが、Amazonなら通販することができます。
また、少し遅れてKindle版が配信されますが、そちらでもARGをプレイするのに問題ないとのことです。

関連リンク

■ユリイカ2017年2月号でARGの紹介記事

ユリイカ2017年2月号は特集「ソーシャルゲームの現在ー『Pokemon Go』のその先」というテーマで、『Pokemon Go』のブームをきっかけに、さまざまな視点でソーシャルゲームを見つめ直す内容となっています。



その1つとして竹内ゆうすけ氏が「非デジタルな「ソーシャルゲーム」」というタイトルで、ARGについて紹介しています。内容については、ARGを知らない人向けな部分が大きいですが、本稿だけでなく、この特集におけるさまざまなソーシャルゲームに対する考察は、架空と現実の境目が曖昧なARGにとって参考になる部分が多く、今後どのようなARGが生まれてくるか(もしくは作り出すことができるか)を考える上で刺激的な内容だと思いますので、特集全体としてお勧めしたいです。


関連リンク
(文章:石川淳一)